小学校英語 教科化

コロナ禍により、思うように授業が進められない中でスタートした小学校英語の教科化。想定外の事態によって十分な準備のないまま、そして準備していたことも組み立て直しとなってしまい、苦労されている先生も多いのではないでしょうか。

 

ここでは、各自治体、各校で、教科化に向けてどのような取り組みをされているのか、その具体的な事例、また、小学生や英語初級者向けの英語指導に悩まれている方のお役に立てる、セミナー指導法映像をご紹介。

まずは、多くの先生が指導上の不安要素としてあげる「英語発音」に特化したレッスン動画。一部無料公開中で話題を呼んでいるこの小学校の先生のための発音トレーニングが「体感」できるオンラインセミナーも開催されます。

 

「小学校英語」に対して先進的な取り組みを続けてきた成果が学力調査結果にも現れている神奈川県横浜市。町内の6校の小学校と1校の中学校が一体となって小中連携・小小連携に取り組んでいる山形県川西町といった、自治体での取り組み事例。

国の研究指定校として小学校英語教育に長年取り組んできた岐阜県の生津小学校中川小学校の授業実践例。東京都台東区が独自に出している指標を元に行う”普通の”学級担任が行う授業を紹介した東泉小学校の実践例。

そして、初級段階での英語指導にぴったりの指導法を紹介したDVDや動画配信コンテンツ。

 

いずれも、先生方の不安を取り除く一助となるコンテンツです。

詳細は下記のリンク先ページにて。ぜひ、ご覧ください!


小学校の先生のための これならできる!英語発音

ワーキングメモリを活かしたわかって楽しい英語の読み書き指導 フォニックス入門 セミナー

 

英語の4技能のうち、まずは正しく「聞く」「話す」ことが重要なポイントになりますが、正しいモデルを示さねばならないという思いとは裏腹に、発音に苦手意識のある先生方も多いことでしょう。

ジャパンライムのオンライン研修システム JLCオンデマンド「小学校英語コース」では、英語発音指導の第一人者である靜哲人教授による、小学校教諭向けの英語発音練習に特化したコンテンツを配信中です。

「入門編」は無料公開中!ぜひ、ご覧ください!

 

さらに、この発音トレーニングが「体感」できるオンラインセミナーも開催靜先生が考案した指導法「グルグル」は、小学生にぴったりのテンポ感のある活動です。

子どもたちの前で笑顔で楽しい授業を展開するためにも、この機会に「発音」に自信をつけてみてください!

>>>発音練習動画の詳細はこちら!

>>>第1回セミナーのレポートはこちら!

>>>10月開催の第2回セミナーの詳細はこちら!


神奈川県横浜市における「小学校英語教科化」

小学校英語教科化 横浜市における英語教育に関する取り組み事例

 

小学校英語」に対して先進的な取り組みを続け、2019年度の全国学力調査においても全国第2位という成果を出している神奈川県横浜市の事例を、横浜市教育委員会の西村秀之先生にインタビュー形式で詳しくお伺いしました。

 

>>> 横浜市における英語教育に関する取り組み「概論」

>>> 「小学校編」

>>> 「中学校編」

 

「指導案動画の共有」で教員の負担感や不安感を軽減する!

   【DVD】

 

町内の6校の小学校と1校の中学校が一体となって小中連携・小小連携に取り組んでいる山形県川西町におけるYouTubeによる指導案動画の共有事例。NHKテレビでも紹介され「これなら出来る!」と反響も大きかったというこの実践例の、実際の指導案動画も公開中!

 

>>> 『山形県川西町にみる小学校英語活動の取り組み』「指導案動画」はこちら

>>> 撮影レポート

「インプットの蓄積」が自分の言葉になっていく過程が見える!

小学校英語教科化 横浜市における英語教育に関する取り組み事例

【DVD】

 

国の教育課程特例校でもあり、小学校英語教育に20年以上前から取り組んできている岐阜県の生津小学校における、低学年、中学年、そして高学年の授業実践例。

 

>>>『英語教科化を踏まえた生津小学校の授業実践集』

インタビュー記事はこちら


 

全校で行う「コミュニケーション活動の基盤づくり」が充実!

小学校英語教科化 横浜市における英語教育に関する取り組み事例

 【DVD】

 

国の研究指定校であり、担任、ALT、VET(Volunteer English Teacher)の役割分担と、児童の自立した言語活動の様子が見られる、岐阜県の中川小学校の授業実践例。

 

>>>『児童が楽しく会話する中川小学校での英語教育』

 

 

「普通の先生による普段の授業」の工夫と指導技術とは!?

小学校英語教科化 横浜市における英語教育に関する取り組み事例

 【DVD】

 

「台東イングリッシュスタンダード」という教師の拠り所となる指標を元に、普通の学級担任が普通の英語授業を行う姿をご紹介している、東京都台東区の東泉小学校の実践例。

 

>>>『学級担任が行う台東区立東泉小学校の英語授業』

インタビュー記事はこちら
 


小学生・英語初学者にどんな指導をしたらよいのか、お困りの方に!

 

小学生や英語初学者、また英語が苦手な児童・生徒にどのような指導をしたらよいのか?

そのヒントになる指導法映像を集めました!


ジョリーフォニックスで初めてのシンセティック・フォニックス授業

  >>>【DVDはこちら】

『世界120か国で使われている信頼度No.1の英語読み書き指導法』

 

視覚、聴覚、触覚、運動感覚…目から覚える、耳で覚える、適したインプット方法は人によって違います。 多感覚を活かした指導方法で、どんな児童・生徒にも合った授業を可能にします。

>>>この指導法の詳細はこちら!


TPRによる英語指導法

~外国語を聴き、体の動きを通して学ぶ~

  【DVD】

TPR(Total Physical Response)とは、リスニング優先の学習法の一つで、外国語を聴き、体の動きを通して学ぶ方法です。

 英語を「聴く」、それに反応して「動作する(話す)」という、母国語を自然に身につけた時と同じこの手法は、小学生のような英語初学者や、英語が苦手な学生におすすめです。

>>>この指導法に関するインタビューはこちら


身体性を育てる小学校の英語指導 

~能動的に学びに関わっていこうとする子どもたちを育てる~

 【DVD】

小学生は身体感覚が豊かな時期です。この時期は、母語同様、無理にアウトプットを急ぐのではなく、身体感覚を通してしっかりとインプットし、身体で関わり合いながら英語に出会わせたいと考えます。

わからない単語でも想像しながら理解しようとする態度を育てます。

>>>この指導法に関するインタビューはこちら

 

日本語の氷山と英語の氷山のてっぺんを繋ぐだけの指導ではダメ!

小学校の英語は45分の授業すべてがTPR? 

DVD『身体性を育てる小学校の英語指導』の制作に携わっていただいた山本先生に、この指導法と「TPR」のつながりについてのお話をうかがいました。こちらも合わせてご覧ください。

>>>上記2つの指導法の関連について

 


これだけは身につけたい!小学校英語のポイント 

 【英語教員向けオンライン研修】 

『中学校入学までに身につけておきたいスキルとは・・・?

 

小学校の英語教育が始まるにあたり、学校現場ではいったい何にフォーカスすればよいのか、何を最低限してあげればよいか…?

英語が苦手な子どもを対象に、中学校入学までに身につけておきたいスキルの指導や工夫をご紹介します。

(※本作品は【JLCオンデマンド英語コース】にて配信しております。)


はじめての英語が楽しく学べるユーモア・ゲーム集

~みんなで笑いをつくる、温かい授業づくり~

  【DVD】

『英語授業のための活発で笑いのある雰囲気づくり

 

はじめての英語教育において、障害となるのは「失敗することへの恐怖心」です。「できない」と思ってしまうと、消極的なまま授業に入ってしまいます。ユーモア・ゲームは「みんなが失敗」して、「みんなが失敗を歓迎」して、「みんなで笑いあう」雰囲気をつくります!


宮城教育大学附属・小学校英語教育研究センターにおける

 「小学校英語活動実践指導事例集」

英語表現に慣れ親しむための「聞く活動」を中心とした授業

 【DVD】 

教材もなく指導ノウハウもゼロの状態であった2001年から、小学校での外国語(英語)活動の実践と研究を続けてこられた遠藤恵利子先生の実際の授業を取り上げています。

HRTのみで行う授業と、ALTとのティームティーチングの授業を

外国語に慣れ親しむ「聞く活動」を重点に行います。

 


 「英語教師の玉手箱4」

ぜひ知っておきたい!必須!小学校英語の定番ゲーム&ミニ活動集

 【DVD】 

中学校での指導経験を踏まえ、その内容を模索しながら小学校英語活動を日々研鑽し続ける瀧沢広人先生の小学校版活動事例集!


 「英語教師の玉手箱4」

好奇心を刺激する、絵本を使った小学生の英語活動

 【DVD】 

仙台を中心に活動する室さんの、絵本を使った小学校で使える様々な実践例を紹介!